走行距離から選ぶ

中古トラックを購入する際、目を通しておくべきポイントは数多くありますが、
中古トラックの品質をチェックする上で特に外せないのが、走行距離の長さです。

走行距離が長ければ長いほど、
トラックは前の使用で酷使されてきたということに繋がるので、
極端に走行距離が長いトラックは、中のパーツの劣化が深刻なことが多いです。

逆に走行距離が短いトラックなら、長期に渡って使用しても問題ないことが多いので、
出来る限り長くトラックを使いたい場合は、走行距離が短いトラックを探すのがベターです。

走行距離が長いかどうかは、ほとんどの購入希望者がチェックするポイントなので、
中古トラックを販売している業者では、まず一番に情報を公開しています。

そのため調べる分には特に面倒もなく、スムーズに情報収集が出来るはずです。

ただし、一つ注意しておきたいのが、
走行距離が短いからといって、それが全て品質の良いトラックとは限らないという点です。

トラックの場合は、一般の乗用車とは異なり、
荷物の運搬などの業務に使われていることが多いため、
より長い間運転したり、苛酷な環境で使われたりと、
何かと酷使された後に売却されたものが多いため、
中にはメンテナンスがあまり行われなかったために、
走行距離が伸びないうちに壊れたトラックが売られている可能性もあります。

さらに、めったにないケースではありますが、
中古トラックの買取業者の中には、不正を働いているところもあり、
走行メーターをいじって走行距離をごまかしたり、
事故車のために走行距離が短かったトラックを、
事故車ではないトラックとして販売したりするケースも報告されています。

走行距離が短いトラックを探す際は、そうした点にも注意しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です